ブルーベリー

 農薬・化学肥料は使用しておりません。

 雑草を活かした無肥料栽培です。

 ブルーベリーは、細かい根っこが地表近くに張る特徴があるため、夏場の乾燥などを防止するため、もみ殻などを樹の周りに敷き、根っこの活力が損なわれないようにしています。

 雑草を生やしておくことで生態系が豊かになり、雑草、ミミズなどが土を耕し、生き物の循環が土を豊かにしてくれます。

 肥料分が無ければ、ブルーベリーの生育量は少なくなります。ブルーベリー自体の活力を損なわないため、それぞれの樹の状態を見ながら、剪定を行い、樹を若々しく保つようにしています。

 適切な剪定で樹を若く保ち、根っこの環境を整えてブルーベリー自体の活力を上げ、雑草を活かした土づくりをして、自然の力がギュッと詰まったブルーベリーを育てています。

 ブルーベリーには、老化や病気の原因となる活性酸素の増加を抑制する抗酸化物質が多く含まれています。自然な栽培方法の農産物は、農薬や肥料に頼って栽培された農産物に比べ、この効果が高いとされています。

 肥料分の多い栽培方法では、化学肥料のみならず、有機質肥料でも肥料分が果実に残留する可能性が有ります。残留した肥料分は、上記の活性酸素を増加させるとされています。

 無農薬で肥料を使用せず、より自然な農法で栽培した自然の力がギュッと詰まったブルーベリーをご利用いただければ幸いです。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

5