無農薬栽培あきたこまち 胚芽米5kg

無農薬栽培あきたこまち 胚芽米5kg

販売価格: 3,400円(税込)

重量: 5kg

数量:
平成28年産無農薬栽培「あきたこまち」 です。


農薬は使用しておりません。

化学肥料は使用しておりません。

肥料は、春に米ぬか150kgを散布したのみで、有機質肥料の使用量も抑えた栽培方法です。


 精米は、お米の糠(ぬか)を削り取ることです。
 この時、糠と一緒に胚芽も削り取られます。
 残った部分が胚乳(はいにゅう)と呼ばれている部分です。 
 白米は、「胚乳」だけにしたお米です。

 発芽する時に芽を出す部分が胚芽です。
 
 小さな胚芽の部分に栄養が詰まっています。胚芽には、発芽に必要なビタミン、ミネラルなどの微量栄養、とりわけビタミンB群とE群が濃縮パックされています。例えば、玄米に含まれるビタミンB1のうち、胚芽に66%、糠に29%、胚乳に5%の割合で含まれています。通常の白米(胚乳)には、玄米に含まれるビタミンB1の5%しか残らない事になります。

 ビタミンB1は、わずかの不足でも毎日続くと、注意力散漫、いらいら、けん怠感が募ったり、ひどい時は脚気になったりします。江戸時代には、精白米が普及し、脚気病が大流行しました。

 玄米の利用し難さ、食べ難さは、玄米の表面にある薄い皮が原因です。

 当農場では、この玄米の薄皮を一枚剥いだ程度のお米を胚芽米としてご提供しております。3分づき米程度の精米となります。

 玄米の中で農薬が残留し易い部分は、胚芽と糠の部分です。

 農薬を使用せずに育てているお米ですので、安心して胚芽や糠の部分もご利用いただければと思います。

 当農場では、胚芽が取れ難い精米機を使用しております。白米でも胚芽が残った状態です。

 ご注文を頂いてからの精米となりますので、ご指定を頂ければ、5分づき米、7分づき米が可能です。

 精米程度は、次の順番です。

 玄米 → 3分(胚芽米) → 5分 → 7分 → 白米 の順です。
             
 これまで白米をご利用のお客様は、7分づき米からチャレンジされた方が良いかと思います。玄米をご利用の方は、胚芽米(3分)をお奨めします。

 胚芽米は、糠が残っているため、暑い時期ですと糠の匂いが強くなる場合が有ります。暑い時期は、出来るだけ1カ月程度を目安にご利用いただくか、冷蔵庫などで保存していただく事をお奨め致します。

他の写真

  • お米の保存に適した国産の紙製米袋を使用しています。

    お米をPRする印刷等をしていませんので、見た目は、凄く地味ですが、中身で勝負です。

    ●紙のリサイクルの負担を軽減。
    ●インクに含まれる化学物質の安全性に疑問。
    ●見た目に惑わされず、身体で感じでご利用いただきたい。

    と、考えています。

    お米を入れるダンボールも、米袋と同様です。
    また、お米をしっかりお届けする必要最低限の包装です。

    箱は、5kg用、10kg用、20kg用、30kg用があります。
    ご注文内容に応じて、適したダンボールを使用します。

    写真は、5kg用のダンボール箱です。

無農薬栽培あきたこまち 胚芽米5kg

販売価格: 3,400円(税込)

重量: 5kg

数量: