山の農場だより

444

我が家の田んぼでは、トンボの羽化が最盛期を迎えています。

早朝、まん丸お月様が田んぼを照らしています。

4時頃には、ヤゴからトンボが出ています。



朝日の当らない田んぼでは、7時頃でも羽化が行われています。



一つの稲株で、3匹のトンボが羽化していました。

正式名称は分かりませんが、当地で神様トンボと言われているトンボも羽化しています。



このトンボは、通常のトンボとヤゴの形も違います。

田んぼでヤゴを見掛けていましたが、他のトンボのヤゴと形が違うので、何の生物か分かりませんでした。

数年前、羽化しているのを見つけ、神様トンボのヤゴだったことを知って大喜びしました。

息子に付けてあげた羽化したばかりのシオカラトンボです。



羽化したてのトンボは、羽が柔らかいので直ぐに飛び立つことが出来ません。

朝限定のトンボのブローチです。

田んぼの除草は、もう一息です。あと4日ぐらいで一旦終了です。

田んぼを乾かしてから、ヒエ限定の除草作業をします。

梅雨が明けず、日照時間が少なくて気温も低いです。

稲の生育はまずまずですが、夏が待ち遠しい今日この頃です。

毎日、田んぼの草取りに明け暮れています。

ブルーベリーが少し採れ始めましたが、収穫量が増えるまで嫁さんにお任せです。

現在の我が家の稲は、こんな感じです。



通常の栽培方法の稲は、こんな感じです。



生育量が大きく違いますが、これでも我が家の稲にしては、良く出来ている方です。

田んぼの除草は、機械の除草機も使いますが、手押しの除草機を使う方が多いです。






稲が小さいうちは手押しの除草機を使用します。

雑草が大きくなると手押しの除草機では対応できないので、機械の除草機を使用し、細かい部分を手押しで処理します。

機械の除草機だと根が傷んで生育が停滞する場合があるので、出来るだけ手押しの除草機を使用するようにしています。

問題は株と株の間。株間の除草です。

山間地の小さく四角で無い田んぼの多い所では、株間の処理に有効な機械が無いので、手取りが基本です。



稲株の周りを指で引っ掻くようにして雑草を取り除きます。

腰を屈めての作業なので、腰は痛いし、肩も痛くなります。

全部の田んぼはやり切れないので、稲の生育に大きな影響を及ぼす雑草が生えている田んぼから順番に作業を進め、やれるだけやります。

タイムリミットは、7月20日頃です。

田んぼを乾かす中干し(なかぼし)をすると、雑草を取る事が出来なくなります。

お父さんの仕事を監督しに来た子供たちと一枚。








曇天の日が多く気温も低いのですが、まずまずの生育状況です。



まずまずとは言っても、一般の稲の生育量の5分の1程度しか有りません。

毎日毎日田んぼの除草作業です。

除草機でも処理出来ないのがオモダカです。

芋から育ってくるので生育スピードが速く、発生期間も長いのです。

除草機を押しながら、オモダカを手取りしていくような感じで歩きます。



家の前に1本だけ植えているスグリが収穫期に入っています。

酸っぱい実なのですが、子供たちは赤くなった実を奪い合うように採って食べています。



次男は、ほっぺを虫に刺されてスグリの実のように赤くなっています。

2回目の田んぼの畔の草刈りが終わりました。

花盛りの畔は残しておいて、花が終わったら刈ろうと思います。



一気に刈ってしまった方が楽なのですが、花があった方が楽しいですね。


息子たちが窓から落ちないように、窓に柵を付けたのですが、その柵が遊び道具になってしまっています。



ま~、気を付けて遊べ。


今朝から雨ですが、田んぼの仕事に区切りが付いたので、ブルーベリー畑の防風ネットを張る事にしました。



ブルーベリーは、順調に育ってくれています。



ブルーベリー畑を巡回して、毛虫やミノムシも捕りました。

今年は、毛虫を余り見かけませんが、ミノムシが多めです。

ミノムシは、葉っぱだけではなく、実も食べてしまいます。

実を丸ごと全部食べるのではなく、あっちこっちの実を少しずつ食べます。

食べられた後がかさぶたになってしまうので、商品にならなくなってしまいます。

虫たちは、時間差で発生してくるので、定期的に見回って駆除して行かなければなりません。

昨日は、水源地の貝沼の様子を見て来ました。

雪が多かったにもかかわらず水が溜まらず、これまで雨も少なかったので、水は大丈夫かと心配していましたが、充分有りました。心配いりません。


田植えが無事終わりました。



代掻き後から雑草が生えだすので、雑草対策として、代掻きしてすぐに田植えをしています。

午前中に代掻き、午後から田植えを繰り返し、ようやく田植えが終わりました。

良く代掻きをすると上手に苗が植わりますが、代掻きをし過ぎると稲の生育が良く無い場合があるので、程々の代掻きにしています。

そうすると、代掻き不足の部分も出て、苗が良く植わらない場所もあります。

これから、苗が植わらなかった部分に苗を植える補植の作業を進めます。

と、その前に、早くも雑草対策です。

鉄のチェーンを引っ張って表面を攪拌し、雑草が生え難いようにします。



20kgぐらいありますが、田んぼの中を引っ張ります。かなり大変です。

一回目の作業を代掻きから7日以内に行い、その後7日毎に引っ張ります。

2~3回目ぐらいまで効果があるので、田んぼの状態を見て作業を行います。

この効果がない場合は、除草機を押すことになります。

さて、ブルーベリーも花の季節が終わり、実が見え始めました。



6月は、除草、草刈りと、草との闘いに明け暮れます。


いつもどおり生育が緩慢ですが、順調に苗が育ってくれています。

我が家の苗は、一般的な苗に比べて葉の色が薄く薄緑の新緑色です。



化学肥料を使用している一般的な苗は、我が家より遅く種まきをしてもすぐに追い越してどんどん伸びます。

我が家の苗はマイペースで、生育が止まったの?と思うぐらいゆっくり育ちます。

田んぼは、一回目の耕起作業を終えました。

これから、二回目の耕起作業を行います。

二回目は、耕起と言うより土をひっくり返して土の乾燥をすすめることが目的です。

一回目は土ぼこりが殆ど上がりませんが、二回目は土ぼこりが凄く、マスクなしではやっていられません。

さて、気合を入れて二回目スタートです。



昨日はとてもお天気が良かったので、田んぼの水源地、貝沼でお昼ご飯を食べました。



まだ雪が残り、桜はつぼみ状態。それでも昨日は気温が高く、汗ばむくらいでした。

ご飯を食べたら、すぐに帰ってくるつもりでした。

でも、子供たちが「あっちに行って見たい。」と言うので、まだ雪の残る道を歩いて沼の奥の方まで行きました。

子供たちにとっては、ドングリや松ぼっくりが宝物です。

せっせと拾ってポケットに詰めていました。

帰ってから嫁さんに怒られるのは目に見えていますが、特に危険な事でない限り黙って見守ります。



息子たちは、坂で転んだり、走って転んだり、あっちこっち傷だらけ。

元気が一番です。

さて、私は、懸案だった昔の家の解体作業を3月中旬頃から続けていています。

残念ながら平成中に終わらず、令和でも、もう少し続けます。

昔の家と言っても、家を建て替えたのは30年くらい前で、昔の家の一部を解体せず、物置小屋として使っていました。

屋根や土台がかなり痛んで来ましたし、雪降ろしも大変なので解体することにしました。

解体作業より、中に入っている物の処分が大変です。

不要なものは捨てるとして、必要なものを入れる場所を確保するために他の小屋を片付けたりするのが大変でした。

建物は解体したので、あとは基礎などを壊して更地にし、畑に出来るよう整備します。

農作業があるので、あと3日間ぐらいで目途を付けたいと思っています。

元号が代わっても、農業はコツコツやる事は変わりません。

平和で良い時代でありますように。

殆どの田んぼの雪は消えましたが、山の方の田んぼには、まだ1m以上の雪が残っています。

田植えの直前にならなければ、田植えの準備が出来ない田んぼです。

まだ雪が多すぎるので、もう少ししたらバックホーを持って行って除雪しようかと思っています。

この田んぼに行く道の雪も多くて、除雪をしなければ田んぼに行けません。



水源地の沼の様子を見て来ました。



当地区の地名になっている貝沼(かいぬま)です。

この時期は水が澄んで、とっても綺麗ですよ。

この沼のお陰で、水不足も無く、安定的にお米を生産することが出来ます。

今日は雪が降る予報です。もういらないな~。


今日は、稲の育苗ハウスにビニールを張りました。

早朝から無風だったので、これはチャンスと大急ぎで張り上げました。

ちょっとでも風が吹くと、天井のビニールは手に負えなくなります。

ビニールハウスの中も除雪したのですが、まだ雪が残っています。



日中、暖かくなって雪が融けてくると、ハウスの中も外も水たまりが出来ます。

水たまりが出来ると、次男は泥遊びに夢中です。



ちなみに、写真は泥だらけになって着替えた後のズボンとズックです。

最初は長靴を履いていましたが、ズックに履き替えても水たまりで遊んでしまいました。

最初は転んで汚れたお尻でしたが、仕舞いには座り込んでしまいました。



座って「冷たい~」と言って立ち上がりません。

ビニールハウスの中とは言え、雪解け水の泥は冷たいよ。自分で立て!



春なんですけどね~。

昨夜から降り出した雪が、10cm位積もっていました。

種籾は、冷たい沢水に入れてじっくり吸水させています。



種籾を水に浸すのは、吸水させるためだけでなく、

種に含まれる発芽抑制物質を流し、種が春を感じで素直な芽を出せるようにするためです。

また、冷たい水に浸すことで冷害に強い性質を持たせます。

水に浸す方法にしても、現代の通常の栽培方法で推奨されている方法とは異なります。

私のやり方は昔のやり方ではありますが、農薬を使用しないなど、より自然な稲作をするには、昔のやり方が理に適っています。

まだまだ雪が沢山ありますが、20日前後の種まきに向けて準備を進めて行きます。


今朝は、濃い霧がかかって穏やかな朝です。

昨夜は雨混じりの雪で、雪が積もったり消えたりと大荒れの天気でした。

今年は寒くて雪の降る日が多いため雪解けが遅く、雪がまだ1m以上残っています。



明後日まで雪だるまマークが出ていますが、それ以降は暖かくなる予報です。

春の訪れが待ち遠しい今日この頃です。

我が家に一足早い春が来ました。

販売用としてのタラノメ栽培は辞めましたが、自家用として自宅で少し栽培しています。

天ぷらが最高です。春の香りは格別です。



テレビでは桜の話題が出始めましたが、当地は、まだまだ冬。子供たちは、雪遊びに夢中です。



これから、稲の育苗ハウスの除雪作業を進めます。

ブルーベリー畑は、雪が150cmぐらいあります。
春は遠いな~。



硬雪は、子供たちの絶好の遊び場です。

畑の近くは、ソリ滑りに最適なロングコースです。




いつもだと、まだ小雪が散らつく時期ですが、今年は驚くほど好天が続いています。

そこで、稲の育苗ハウスの所に燻炭を撒く事にしました。





燻炭は、もみ殻を炭にしたものです。

白い雪は、光を反射してしまいますが、燻炭は熱を吸収するため、雪が融けやすくなります。

燻炭の回りの雪が溶けると雪の表面がでこぼこになり、風が吹いた時にも雪が融けやすくなります。

いつもだと、まだ時々雪が降る時期なので、燻炭を降るタイミングに悩みます。

早く燻炭を撒いても、雪が降れば燻炭が雪に覆われて効果が無くなります。

今年は、雪の予報が全くなく異常と思えるくらいです。

天候のふり幅が大きいと、今年の天候はどうなる事かと、心配になってしまいます。

雪が締まって、殆ど抜からないので、息子もお手伝いです。



育苗ハウスから見た景色です。育苗ハウスの下は深い渓谷で、川まで降りることは出来ません。


皆瀬の瀬野ケ沢集落の祭神会が夢ロードを作っていました。

入口は、こんな感じです。

道路脇の雪の壁に絵が描かれています。夜には、雪の壁に掘った穴が灯篭になります。







日当たりの良い雪の壁は、好天続きで消えかかっていましたが、日当たりの良くない壁は綺麗に残っていました。

皆瀬は、好天続きでも大地が分厚い雪に覆われています。

用事が有って秋田市に行き、ついでに子供たちを動物園に連れて行きました。

秋田市は雪が全くなく、春でした。

それでも、動物園のチンパンジーにとっては寒さが身に沁みるらしく、毛布をかぶって日向ぼっこし、ピクリとも動きしませんでした。寒い所に連れてこられたチンパンジーの悲哀感が漂っているようで、悲しくなりました。実は、日向ぼっこしながら気持ち良くお昼寝していたのかも知れません。どうなんでしょうね~。


今シーズン6回目となる屋根の雪降ろしを済ませてから、三関地区の大綱引きを見に行って来ました。



息子たちも参加させてもらいました。

綱の一番太いところは直径50cmぐらいもあり、太い綱に細い綱を結び付けています。





三関の大綱引きは、三関地区の小正月行事で、何と今年で104回目だそうです。

3本勝負だったのですが、息子たちは1本目だけでリタイヤしてしまいました。

余りの勢いに、ちょっとビビってしまったようです。

綱引き後は、大量の餅とミカン撒きがあり、息子たちは沢山拾って大喜びでした。

秋田の隠れた名行事です。


3日間ぐらい降り止まなかった雪が、ようやく止んでくれました。

小屋の横の雪は、こんな感じです。



写真の真ん中にスコップを立てています。スコップ4つ分くらい積もっています。

バックホーで一回除雪したのですが、また積もってしまいました。

家の前の道は、こんな感じです。



埋もれていますね~。

写真の家の方は、早朝から屋根の雪降ろしをしていました。

この時期、屋根に雪がつっかえてしまって、雪降ろしも大変です。雪降ろしというより、屋根より高い場所に雪上げになります。

当地、雪の量が半端なく多いので、基本的に一週間に1回の雪降ろしが必要です。

休日に降ろし切れなかったり、休日に何か用事が有ったりすると、朝夕に雪降ろしをする羽目になります。

今朝は、お月様が綺麗でした。夜、月明かりで朝と勘違いして起きてしまうくらい明るかったです。



雪寄せ、雪降ろしは、本当に大変です。空き家2件の雪降ろしも頼まれているので、少々お疲れ気味の今日この頃です。

今シーズン4回目となる屋根の雪降ろしを終え、稲の育苗ハウスの見回りに行きました。

育苗ハウスは、ビニールを剥いでパイプだけにしていますが、それでも雪で潰されてしまいます。

昨年、潰されてしまったので、今年は小まめに見回りしています。

雪が多すぎて、近くまで行かないと確認出来ないので、300mぐらい雪を漕いでいかなければなりません。

冬の田んぼの様子です。



天井の高いパイプハウスにしたので、まだ雪に負ける感じでは有りませんでした。



屋根の雪降ろしには、スコップ作業大好きな息子も参戦です。







今日は、次男と雪遊びです。

長男とも一緒に遊ぼうと思ったら、珍しくお昼寝です。

まずは、ソリ遊びです。

長男は怖がって一人で乗れませんでしたが、次男は楽しがって20回ぐらい滑りました。



楽しくて満面の笑みです。



次に、スキーもやれるかなと思って試したら、楽しそうに歩き出しました。

もう少しで2歳ですが、この程度の年齢からでも遊べるんだなと感心しました。



既に沢山の雪が有りますが、これからが冬本番、いっぱい雪遊びさせようと思います。